転職の方法あれこれ


転職するにはいくつもの効果的な方法があります。

このページではその方法や注意点を具体的に説明していきます。

063559

◯大手転職サイトを使っての就職活動が一般的

現在の新卒就職/転職活動は大手の転職サイトを使って行われるのが当たり前になっています。

いくつもの著名な転職サイトが大掛かりな広告などを出していますが、大きい転職サイトにしか求人を出さないような大手企業があります。

新卒でも転職でも大手を狙うということであればサイトの規模で選んで登録してみてもいいでしょう。

また転職サイトごとに業種の特徴があるということも忘れてはいけません。

IT系や外資系に力を入れているところや医療に強いというそれぞれに特化したサイトがあります。

そういったサイトの特徴を見極めて会員登録をして、スカウトの活用を含めて上手く使いこなすことが現在の転職の王道です。

◯ハローワークを使って転職を考える

中小企業への転職を考えている人にはハローワークが有効です。

中小企業の求人が集まる理由はハローワークへの掲載料は無料だからです。

大手転職サイトは社員一人を雇うまでに最大で100万円もかかることがあります。

その分雇った人には回収させるためにかなり働いてもらうという方針の企業もあります。

その点を考えるとハローワークの利用を考慮に入れてもいいと思えるでしょう。

小さな企業の少ない人数で働くことに価値を見出す人も多数いますので、自分が望む条件と重なってくる場合が多く考えられます。

またハローワークには相談員が常駐しているのでどのような話を聞いてもらうこともできます。

いくつかの企業に採用を断られてもそのことを踏まえて他の求人を紹介されることもあります。

転職活動も一人で行っていくのがなかなかつらいものですから、そのような相談員と話を進めながら活動を行っていくのもいいと思います。

008498

◯仕事をしながら新たな資格の取得を考える

日中仕事をしながら夜に学校に通って資格を取得するという方法もあります。

日中の仕事の疲れやスケジュールの調整は簡単ではないですが真っ当な方法であるといえます。

自分のスキルアップのために現在自分が働いているのと同じ分野について深く学ぶこともあれば、全く違う分野について学ぶこともあると思います。

その場合に大事なことは現在の日々の仕事を疎かにしてはならないということです。

今の仕事と転職後の仕事は姿勢という意味で直結してくるものです。

肉体的/精神的には辛くても普段の仕事を堅実にこなすことは日頃の計画を達成するのに必要なことですし、新しい職場に馴染むためにも欠かせないことだといえます。